5/26放送の【○×クイズSHOW!】で実は日本発祥のものが放送されました。
これって海外から入ってきた?と思っても案外、日本発祥のものって結構あるんです。

スポンサーリンク

実は日本発祥のもの

カップ麺

1971年に日清食品から「カップヌードル」が発売され、
同年に起きた『あさま山荘事件』で警察の機動隊員が食べる姿が全国に放映。
その地名度を一気に拡大した、というエピソードがあります。

カラオケ

1970年代の初頭には、それまで主に軽音楽のBGM再生機として使われていた
コインボックス内蔵の8トラック式小型ジュークボックスにマイク端子が付く。

そして根岸重一氏(日電工業)らが軽音楽テープ等を使って歌唱するサービスを
小型ジュークボックスに追加提案するなど、カラオケの前身的な利用方法が登場した。
70年に発売した伴奏テープ(8トラック式)は、初のカラオケソフトと言える。

乾電池

乾電池の発明は遡ること明治20年(1887年)。
屋井 先蔵(やい さきぞう)氏によって
明治時代に、乾電池が世界に先駆けて日本で誕生しました。
100年以上も前に誕生していたんですね!

アロハシャツ

起源については諸説あるが、日本の和服から派生したという説が有力である。

19世紀終盤から20世紀初頭、シュガープラント・農業に従事していた日本移民は、パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた開襟シャツ)が日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用しており、持参品であった着物を再利用する際にパラカ風に仕立て直したのが起源と言われている。

スポンサーリンク