小型のカメはサルモネラ菌の感染を引き起こす原因となり、その患者の大半は小児であるとの報告が、米国疾病管理予防センター(CDC)のMaroya Walters氏らにより発表された

亀とサルモネラ菌 昔 から、「亀(とくにミドリガメ)は病気を持っている」と言われていますが、ミドリガメに限らず全てのカメさんにはサルモネラ菌やその他の細菌がいます。小さいお子さんがいるご家庭ではどうしても心配になってしまいます .

Q
サルモネラ菌の除菌、殺菌方法などが知りたいです。
私の手が傷だらけなのですが、手袋して飼育した方が良いでしょうか??

傷だらけの手で触ったがためにカメが病気になる、または私がカメから病気を貰うなどの心配はありますか?

A
◇「サルモネラ属」の菌類は、
主に動物の消化管に生息する腸内細菌の一種です。

◇アカミミガメ等の水棲ガメで問題になるのは、
「食中毒性サルモネラ菌」でして、水棲ガメの腸管に寄生する菌が
糞と一緒に排泄されて、飼育水やカメの体表に付着します。
→そこから人の手などを経由し、経口感染により
人の腸管上皮細胞に達することで感染・増殖します。

◇よって、「口からしかうつらない」と言うのは正しく、
基本は…
「カメの腸管内」→「糞便」→「飼育水・カメの体表面」→
「人の手など」(接触)→「人の口内」(経口)→「人の腸管」と言った、
[接触感染+経口感染]が主な且つ大半の感染ルートとなります。

※従って、空気感染することはありませんし、
また手に傷が有っても、そこが感染ルートになることは
殆ど無いものとお考え下さって結構でしょう。

スポンサーリンク