チャドクガ(茶毒蛾)はチョウ目ドクガ科の昆虫。本州以南の日本各地に分布。年2回 発生、卵越冬。日本では代表的な毒蛾である。園芸植物に被害をおよぼすほか、「 刺されて」被害にあう人が後を絶たない。

チャドクガはドクガの一種で、幼虫がツバキ科のチャ、サザンカ、ツバキ などの葉を食害する。年に2回発生し、幼虫、成虫、繭にも毒の毛があって人がこれに 触れると激しいかゆみと痛みを起こし、皮膚に赤い斑点を生じる。

チャドクガという毛虫の種類は、幼虫も成虫も毛に毒を持っていて、皮膚に触れると肌が荒れてしまうので注意してほしい

チャドクガ

スポンサーリンク

チャドクガ皮膚炎

チャドクガに刺された かゆみは、夜もろくに眠れないくらい強いもの
その症状はチャドクガ皮膚炎の可能性があります。

チャドクガ皮膚炎は毒針に触れると発症

チャドクガ皮膚炎で「 毒 針 毛 」(どくしんもう)

という毒針毛が湿疹などの皮膚炎症状を
「如何にして広げないようにするか」の
カギを握ります。※毒針毛は肉眼では見えません。

毒針毛は毒蛾のオスの成虫以外は
なんと毛虫になる前の卵の時から持っているのです

スポンサーリンク

チャドクガ皮膚炎治療薬

チャドクガ皮膚炎は皮膚科を受診し、
医師に適切な薬を処方してもらうことをおすすめしますが
応急処置としての

毛虫皮膚炎の対処・治療法と市販薬

かゆみを抑える抗ヒスタミン成分配合の外用薬がいい

ラナケインはかゆみをすばやく抑える冷感刺激成分(l-メントール)が4%配合されています。
1.冷感刺激成分を4%配合し、塗ったそばからかゆみを冷感で抑えます
2.抗ヒスタミン成分配合で、かゆみ、炎症をしっかり鎮めます
3.塗りやすく、サラッとしたジェルタイプです

スポンサーリンク