スポンサーリンク

ストロベリームーンとは

ストロベリームーンとはアメリカ圏の6月の満月の呼び方で、6月はイチゴの収穫時期であり、
丁度その頃に月が紅くなることが多いことからそう呼ぶようになりました。

そのストロベリームーンが見れるのが明日2017年6月9日(金). 思わず食べちゃいたくなる名前の「Strawberry Moon(苺月)」。
6月の満月は、月の高度が低いことから赤みを帯びた温かい色合いになり、「ストロー ベーリームーン」と呼ばれています。

ストロベリームーンとハムが似ている?

ストロベリームーンを見ると「幸せになれる」「好きな人と結ばれる(結婚できる)」といわれている

縁起が良い スーパームーンです!

そのストロベリームーンがハムと似ていると去年の
「ストロベリームーン」の観測された6/20に話題になっています。

2017年、今年の「ストロベリームーン」はハムと似ているのでしょうか?明日が楽しみです。







スポンサーリンク

地球はクルクル回ってますが、月は地球に一面だけを向けて回転しているので、いつ見ても月の模様は同じです。
その柄を知っていると、見分けやすいかも?

ストロベリームーンが見られる方角は?

2017年6月9日(金)にストロベリームーンが見られます。
満月になる時刻が22時10分ですのでその時間に月を探しましょう。

ストロベリームーンが見える方角は全方位から見えます。
正座などの天体現象と違って、月はいつも空の中心にあるため
夜空を見あげれば、どの方向でもストロベリームーンを見ることができます。
ただ2017年6月9日の天気が気になる所です。

夜は曇りの所が多いようですのでちょっと心配ですがストロベリームーンが見られるようにお祈りしましょう!

去年のストロベリームーン生配信された動画

愛をもたらす満月のおまじない

2017年6月9日満月の夜に
絹の布を広げて、四隅にローズクォーツを置きます。

~ローズクォーツ~

真ん中にキャンドルをキャンドルホルダーで立て、火を灯しましょう。

コンパスで南を調べ、キャンドルの南側に銀貨を置きます。

炎を見つめながら、
「地球の四角から、本物の愛が私の元に集まります」
と唱えましょう。

誰か特定の相手を想像しないようにしましょう。キャンドルはそのまま燃え尽きさせ、ローズクォーツは絹でくるんで愛のお守りにします。

スポンサーリンク