スポンサーリンク

メラノイジンとは、メイラード反応でつくられる物質で、味噌やしょう油の色になっている食品中の褐色成分です。 食べ物を加熱した際などにつくられる物質で、抗酸化作用を持ち、血管内の健康を守る効果や整腸効果が知られ注目されている成分です。

メラノイジンは人体を生成する上で必要不可欠な成分であるアミノ酸と体内に取り込まれた糖質が結合して出来るのがメラノイジンという物質です。 プリンなどのカラメルソース、ビール、醤油、コーヒーなどに含まれる色素成分であり、褐色色をした成分なんです。

メラノイジンは抗酸化作用を持ち、細胞のDNAが活性酸素によってダメージを受けることを防ぐ働きがあります。メラノイジンは活性酸素の中でも特に一酸化窒素(NO)の活性を抑えます。つまり、DNAが酸化によって壊されるのを防ぎます。DNAは活性酸素によってダメージを受けると老化や生活習慣病を引き起こすといわれているため、予防が大切です。

メラノイジンはしょう油や味噌に含まれるほか、炒めものをしたときや、こんがりトーストを焼いたときにできる成分です。抗酸化パワーが強く、細胞を活性化して肌を若々しく保つほか、便秘解消にも効果的です。

糖尿病には、岡崎の八丁味噌がいいんだって😃
メラノイジン

メラノイジン
赤味噌
味噌の色が濃ければ濃いほど多い
高血糖予防法
愛知県糖尿病少ない

味噌の発酵が進む程メラノイジンの量も増え、色素も濃くなる為、アンチエイジング力を重視したいなら濃い色のお味噌をチョイスしましょう。

>>岡崎の八丁味噌

スポンサーリンク