スポンサーリンク

2017年6月13日放送の【林修の今でしょ!講座】は2時間スペシャル
この時季に要注意の「カビ・ダニ・PM2.5」の撃退法を学ぶ対策SP!!
100軒の家庭を調査して分かったカビ・ダニの潜む家・潜まない家の違いを徹底比較!

【今でしょ!講座】カビの撃退法

何が違うのかを知れば対策できる!!更に超意外なカビやダニの発生場所をそれぞれランキングで発表!
きちんと掃除をしているのに、カビやダニが発生して困っている方は必見です!

正しい掃除法と驚きの発生源がわかる!

【今でしょ!講座】カビの撃退法

カビの発生場所ランキング

カビが発生しやすい場所はキッチンや浴室がなんといってもダントツのNO1です。
水が溜まりやすい場所や窓、壁などの結露しやすい場所はカビが発生しやすいので
カビの大好物である汚れを残さないように注意してください。

カビは湿度が高く、温度も程よい状態になると発生し成長します。
壁や床等あらゆる場所に発生するため、家の換気は十分に気を配らないといけません。

カビ対策

浴室のカビ

浴室のカビ対策は「50℃のお湯をかける」だけです。
カビは50度以上の熱に触れると、カビのタンパク質が変性し死んでしまうのです。
50℃のお湯を90秒かけるのが目安です。

目地のパッキンはゴシゴシ洗いは禁止!
掃除した時は綺麗になるが目地に傷がつき結果後からカビが生えてしまいます。

頑固にこびりついた目地のカビが黒く落ちない場合は>>タイル目地修正ペンがおすすめ!

エアコン内部のカビ

エアコンの内部も結露でカビが繁殖することがあるんです。
放っておくと、エアコンを作動させたときに部屋中にカビの胞子がまき散らされ、
アレルギーの原因になることもあります。

エアコン内部のカビ対策はエアコンの冷房を使用後に、“送風”をおよそ1時間行います。
するとエアコン内部に水滴が溜まりにくく、乾燥させることでカビの増殖をストップさせることができます。

カビ発生場所ランキング

ワースト4

浴室のシャンプーボトル

シャンプーボトルの泡がカビの餌になり増殖する。
シャンプーボトルのカビ発生防止対策

お風呂上りに浴室の泡を綺麗に流す。

カビが一番多いのは土の中
カビ菌は土埃にのって家の中に入ってきて、浴室の天井などに付着しやすい。
浴室の天井の掃除も1週間に1回は掃除したいポイントです。

ワースト3


キッチンの蛇口

スポンサーリンク

風邪が治ったのに咳が止まらないことはありませんかもしかするとその咳の原因はカビかも知れません。

キッチンの蛇口のカビ発生防止対策

お皿を洗った後に蛇口についた水分を綺麗に拭き取る。

お酢を付けて蛇口を拭くと殺菌力がある。

ワースト2

カーテン

カーテンのカビ発生防止対策


網戸のホコリを綺麗に掃除する。

網戸に溜まったホコリがカビにとってうってつけの場所
土やホコリで栄養豊富!カビが増殖する。

カビで肺炎?

肺炎になったカビの原因は観葉植物だった。
通常は土にカビが多く含まれていますがそのカビが観葉植物を介して空気中に散乱していたため
肺炎になってしまったらしい。

観葉植物のカビ対策は置く場所をこまめに移動することが有効です。

ワースト1

洗濯機

洗濯機のカビ発生防止対策

1 洗濯機のフタはいつも開けておく

2 洗濯物は洗濯機に入れずに洗濯かごに入れ洗濯直前に洗濯物を入れる。

【今でしょ!講座】カビの撃退法

これからの季節カビが発生しやすいので今回の放送でわかったカビ対策を実行し
健康を害さないように注意したいですね。

スポンサーリンク