綾野剛の映画 最新作は 剣道の達人
綾野剛と村上虹郎が共演した、熊切和嘉監督の最新作「武曲MUKOKU」が、2017年6月3日(土)から全国で公開されました。
綾野剛の映画 最新作は 剣道の達人で
剣道5段の腕前を持つが自堕落な日々を送っている矢田部研吾(綾野剛)は、ラップの作詞に夢中な高校生・羽田融(村上)との出会いを機に、再び剣の道を歩み始める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

綾野剛 の映画 最新作は 剣道の達人

綾野剛さんの映画最新作は剣道がテーマの「武曲 MUKOKU」 綾野剛さんの最新作の 映画「武曲 MUKOKU」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

綾野剛 の映画 最新作は 剣道の達人


綾野剛が主演を務める「武曲 MUKOKU」のメイキング映像
映画『武曲 MUKOKU』予告編

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

綾野剛 の映画 最新作は 剣道の達人

映画『武曲 MUKOKU』は綾野剛×村上虹郎のW主演で剣を介して魂をぶつけ合う男たち描く剣道 小説を実写化

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

綾野剛 の映画 最新作は 剣道の達人

「武曲 MUKOKU」特報

剣道をやっていたので、綾野剛が映画の為にあの雰囲気を出すまで役作りをしたことには感動しかない。

映画「武曲 MUKOKU」の物語のカタチとして父親殺しモノは格別。そして描かれる解放にアツくならずにはいられない。求めているのは生きる場所か、死ぬ場所か、魂が彷徨う様がたまらん。剣道という競技から死の香る殺気立った緊張感を導き出す演出が見事。それに応える綾野剛は本物の俳優だな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

綾野剛 の映画 最新作は 剣道の達人

映画「武曲 MUKOKU」のストーリー

「殺す気で突いてみろ!」矢田部研吾は、まだ小学生だった自分に、日本刀を突き付けて剣を教えるような警察官の父・将造に育てられた。おかげで剣の道で一目置かれる存在となったが、父とのある一件から、進むべき道を見失い、剣も棄ててしまった。
そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑みつむら師範が、研吾を立ち直らせようと、一人の少年を研吾のもとへと送り込む。彼の名は羽田融はだとおる、ラップのリリック作りに夢中で、どこから見ても今どきの高校生だが、台風の洪水で死にかけたというトラウマを抱えていた。そんな彼こそ、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。
研吾と融、共通点はなかった。互いに死を覗きながら闘うこと以外は──そして、その唯一の断ち斬り難い絆が、二人を台風の夜の決闘へと導いていく──。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

綾野剛 の映画 最新作は 剣道の達人


「武曲 MUKOKU」感想。
綾野剛の闇と光を演じ分ける二面性。村上虹郎の秘めたる狂気。そして雨中の戦い。これら演技が見れて個人的には満足。内容は自分の教養が足りてないので少し置いてけぼりを食ったけど父子の関係は良かった。

映画『武曲〜MUKOKU〜』観てきました。綾野剛の気迫とやさぐれっぷり、『そこのみにて光輝く』を彷彿とさせたし、村上虹郎の末恐ろしさ、『そこのみにて光輝く』の菅田将暉を彷彿とさせました。柄本明と小林薫もすごい。

『武曲 MUKOKU』剣道に対し歪な感情を抱く男達。纏わりつく死の気配を拭い去った彼らが交わす剣の、何と爽やかな事か。綾野剛のアル中演技も見事なら、村上虹郎の徐々に狂気に染まる演技もまた素晴らしい。2人の熱演が光る秀作

武曲、綾野剛期待通り。天性の剣の才を持つラッパー高校生村上虹郎のヒロインが出色のスターウォーズでした。

スポンサーリンク