スポンサーリンク

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧


ジャック・スパロウ (Jack Sparrow)
演:ジョニー・デップ/平田広明
シリーズ通しての主人公。選ばれし9人の“伝説の海賊”の1人。伝説の海賊の証である「銀貨」は、モロッコのビーズと古代タイの金貨。
ウィル・ターナー (Will Turner)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ウィル・ターナー (Will Turner)
演:オーランド・ブルーム、ディラン・スミス(幼少期)/平川大輔、内山昂輝(幼少期)
第1作から第3作の準主人公。本名ウィリアム・ターナー・ジュニア (William Turner Jr.)。「靴紐の(ブーツストラップ)ビル」として知られる海賊のビル・ターナーの一人息子。
幼い頃にビルが失踪してしまい、彼は自身が海賊の息子だということを知らずに幼少時代を過ごす。幼少時代はイギリスで母親と暮らしていたが、母親の死後ジャマイカ行きの船に乗り込んだ。しかしその船がブラックパール号に襲われ、漂流していた所をエリザベスに発見され一命をとりとめる。
エリザベス・スワン (Elizabeth Swann)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

エリザベス・スワン (Elizabeth Swann)
演:キーラ・ナイトレイ、ルシンダ・ドライゼク(幼少期)/弓場沙織、最上莉奈(幼少期)
第1作から第3作のメインヒロイン。ウェザビー・スワン総督の一人娘。
父親の勧めによりジェームズ・ノリントンとの結婚が迫られていた。しかし、ウィル・ターナーと恋に落ち、婚約した。ヘクター・バルボッサにさらわれてしまったり、『デッドマンズ・チェスト』ではジャックを助けた罪で監禁されたりするなどした。
また、デッドマンズチェストの後半では船に迫るクラーケンと戦い、囮にするべくジャックに手錠を掛けた。このためにジャックはクラーケンに飲み込まれてしまうが、『ワールド・エンド』で助け出された。
ヘクター・バルボッサ (Hector Barbossa)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ヘクター・バルボッサ (Hector Barbossa)
演:ジェフリー・ラッシュ/壤晴彦
全部で9人いる伝説の海賊の1人で、カスピ海の王として知られている。かつてはジャック・スパロウが船長を務めるブラックパール号の船員(一等航海士)だった。しかしある晩、ジャックを船員とともに騙して船を乗っ取り、以降は自分が船長となる。その後、アステカの金貨を見つけて使い呆けたが、その金貨の呪いにかかってしまい、他の船員とともに10年間不死身の身体となって海を彷徨っていた。好物は林檎とカスピ海原産のキャビア。伝説の海賊の証である「銀貨」は、ラゲッティの義眼。
常時ペットである猿のジャック・ザ・モンキーを肩につれている。
ジョシャミー・ギブス航海士 (Joshamee Gibbs)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ジョシャミー・ギブス航海士 (Joshamee Gibbs)
演:ケヴィン・R・マクナリー/青森伸
ジャックの右腕的存在で航海士。裏切りが常である海賊たちの関係の中、常にジャックを信じ、彼の味方でいようとする。酒好き。ジャックからは、「ギブス君(Mr.Gibbs)」とよく呼ばれる。古来より伝わる海の伝説を数多く知っており、その解説役の一面を兼ね合わせている。
元英国海軍の軍人で、その頃から酒を入れた携帯ボトルをずっと愛用している。
ラゲッティとピンテル (Ragetti & Pintel)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ラゲッティとピンテル (Ragetti & Pintel)
演:マッケンジー・クルック(ラゲッティ)、リー・アレンバーグ(ピンテル)/高宮俊介(ラゲッティ)、佐々木梅治(ピンテル)
バルボッサの手下。ジャック曰く「ノッポとチビ」。ラゲッティは右目が木製義眼の海賊、ピンテルは頭の剥げた髭面の海賊。ピンテルはエリザベスに対して「hello, puppy.(やぁ、お嬢ちゃん)」とよく言う。二人とも下っ端だが、ジャックが船長をしていた頃からの古参である。
猿のジャック (Jack the monkey)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

猿のジャック (Jack the monkey)
バルボッサの飼っているシロガオオマキザル。第1作のラストシーンでアステカの金貨を盗み、再び不死身の猿になる。第2作以降もブラックパール号に乗船しており、しょっちゅうジャックにいたずらをする。逆に、ジャックはストレス発散の一環としてしょっちゅう彼を銃で撃つ。ラゲッティの義眼が気になるらしく、ラゲッティが居る時はいつも奪っている。第3作では微力ながら戦闘にも参加し、仲間の危機を何度も救っている。第4作では、ブラックパール号やコットンのオウムと共に瓶の中へ閉じ込められている。
マーティ(Marty)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

マーティ(Marty)
演:マーティン・クレッバ→ジェームズ・アーノルド・テイラー
第1作の途中からジャックと共に同行する小柄な海賊。ブラックパールでは主に見張りをする。
コットン (Cotton)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

コットン (Cotton)
演:デイヴィッド・ベイリー
第1作で途中からジャックと共に同行する老いた海賊。舌を切られて話せないので、肩に止まっているオウムが彼の代わりに話している。ブラックパールでは主に舵取りをする。
アナマリア(Anamaria)

スポンサーリンク

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

アナマリア(Anamaria)
演:ゾーイ・サルダナ/湯屋敦子
マーティやコットンと同じく、途中からジャックと共に同行する男勝りの女海賊。一人称は「俺」。彼女の台詞によると、「ジャックには船の借しがある」らしい(ちなみにその船は、ジャックが初めてポートロイヤルに現れた時に沈没してしまったもの)。他の二人とは異なり、第2作以降は登場しない。
英国海軍・東インド会社
カトラー・ベケット(Cutler Beckett)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

カトラー・ベケット(Cutler Beckett)
演:トム・ホランダー/横島亘
東インド貿易会社の権力者。会社の利益を第一に考えている。口癖は「It’s just good business.」(字幕では「損のない商取引を」、吹き替え版では「全ては利益のため」と訳された)。ベケット卿という風に称号をつけて呼ばれる場合もある。
映画では第2作から登場したが、キャラクターの設定では第1作以前に、ジャックと面識があったという。その昔ベケットはジャックを雇っていて、ある日奴隷船を運搬する役割を命じた。しかし、ジャックは船に乗っているのが奴隷だとわかると運ぶのをやめ、乗っていた奴隷たちをアフリカ大陸で解放した。
ジェームズ・ノリントン (James Norrington)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ジェームズ・ノリントン (James Norrington)
演:ジャック・ダヴェンポート/森田順平
エリザベスに求婚する英国海軍士官。周辺海域の最高責任者であり、海賊を討伐する職責を負っている。平和を乱す海賊を疎ましく思っている。厳密にいうとその役職は提督(Admiral)ではなく、それより若干格下の司令官の代将(Commodore)である。
エリザベスに好意を抱いており、結婚を迫ったが、エリザベスはウィルに気があったため三角関係となった。だが最終的にはエリザベスのウィルへの思いを知り,潔く身を引いた。また、ジャックを処刑するはずだったが、作品の最後で見逃している。
ウェザビー・スワン (Weatherby Swann)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ウェザビー・スワン (Weatherby Swann)
演:ジョナサン・プライス/村松康雄
イギリス帝国のポート・ロイヤル総督。エリザベスの父親。おてんばな娘には頭が上がらない。ジェームズ・ノリントンよりも上席であるが行政職である総督には軍人である提督への命令権はない、このため海軍が捕縛した海賊の処遇には関与できないことになっている。小心者だが娘思い。
第2作では娘を脱走させようとしたため、ベケット卿に捕縛されてしまい、ベケット卿にその座を奪われてしまう。
マーサー(Mercer)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

マーサー(Mercer)
演:デイヴィッド・スコフィールド
ベケット卿の忠実な部下で殺し屋。冷酷かつ冷静な人物で、ノリントンの死後は、彼に代わってフライング・ダッチマン号の指揮を取る。最後は、船を取り戻す機会をうかがっていたジョーンズによって無理やり心臓を止められ絶命する。
伝説の海賊
サオ・フェン (Sao Feng)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

サオ・フェン (Sao Feng)
演:チョウ・ユンファ/磯部勉
第3作に登場。シンガポールを拠点に南シナ海を統べる中国海賊の長。選ばれし9人の“伝説の海賊”の1人。“デイヴィ・ジョーンズの墓場”(デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー)への唯一の手掛かりとなる海図を持っている。
シンガポールを拠点に活動する中国の海賊で長い髭が特徴で、ジャック・スパロウがいるとされる世界の果てを示す海図を持っていたことから、バルボッサ率いるブラックパール号の船員たちが地図を求めてフェンのもとを訪れた。
キャプテン・シュヴァル (Capitaine Chevalle)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

キャプテン・シュヴァル (Capitaine Chevalle)
演:マーセル・ユーレス
第3作に登場。地中海の王。フランスの貿易都市マルセイユ出身。顔に白粉をつけ貴族的な振る舞いをしているが、これにより海賊仲間からは嫌われている。彼は、ヨーロッパの裕福で弱い貿易船や、メキシコからスペインに戻る財宝を積んだ船団を略奪の対象にしている。主に、新世界(アメリカ周辺)のカリブ海に面したフランス植民地(モントセラト、ハイチ等)と旧世界(ヨーロッパ)の間で取引を行なっている。旗艦は大砲を16門搭載したファンシー号。伝説の海賊の証である「銀貨」は、スペードのクイーン。
ミストレス・チン (Mistress Ching)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ミストレス・チン (Mistress Ching)
演:タカヨ・フィッシャー/片岡富枝
第3作に登場。太平洋の王。夫の死後、中国の海賊を束ねる。盲目ながら9人の中では唯一の女海賊である。何百隻もの船からなる艦隊を指揮し、日本と中国の間での密輸貿易によって不当に利益を得ている。捕らえた敵の首を刎ねたり拷問することで知られている。上海を拠点として、恐怖による圧制で中国沖を支配している。旗艦は艦載する大砲の数も名前も不明。感情的になると叫ぶ癖がある。伝説の海賊の証である「銀貨」は、眼鏡。
吹替えや字幕での名前は「マダム・チン」。
アモンド・ザ・コルセア (Ammand The Corsair)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

アモンド・ザ・コルセア (Ammand The Corsair)
演:ガッサン・マスード
第3作に登場。黒海の王。北アフリカ沿岸を中心に活動し、黒海に栄えるバーバリー海賊を使って、キリスト教徒の乗る貿易船に海賊行為を行なっている。オスマン帝国と連合して、トルコからモロッコを超える地域の支配をたくらむ。また、コルセアと呼ばれる国家公認の組織化された海賊船の一団を持つ。旗艦は大砲を10門搭載したジーベック艦のSeref号。伝説の海賊の証である「銀貨」は、ブランデーの盃。
ジェントルマン・ジョカルト (Gentleman Jocard)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ジェントルマン・ジョカルト (Gentleman Jocard)
演:ハキーム・ケイ=カジム
第3作に登場。大西洋の王。ニューオリンズの奴隷出身海賊。ミシシッピ川とメキシコ湾の両方へアクセス出来るニューオリンズの港を拠点としている。彼の人生の多くが神秘と超自然で満ちている。ジョカルトと言う名前は、彼が奴隷生活から逃げた後、元の主人から取ったものである。旗艦は大砲を22門搭載したフリゲート艦のレンジャー号。伝説の海賊の証である「銀貨」は、タバコカッター。
フライング・ダッチマン号
デイヴィ・ジョーンズ (Davy Jones)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

デイヴィ・ジョーンズ (Davy Jones)
演:ビル・ナイ/大塚芳忠
第2作から登場。タコの姿をした幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長である。右手の人差し指がタコの足で左腕が蟹の鋏であり、右足が蟹の足である。「ディヴィ・ジョーンズの監獄」 は英語で「海の底」を表す慣用句で、名前はここからとられている。
彼に魂を売る契約を結ぶことで、死を先延ばしできたり何かと交換できたりする。そしてその契約期限が切れると、彼のフライング・ダッチマン号の船員として100年奴隷として働くことになる。ジャック・スパロウは過去にジョーンズに魂を売って13年間ブラックパール号の船長になることが約束された。
ビル・ターナー(ウィリアム・ターナー・シニア) (William “Bill” Turner Sr.)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ビル・ターナー(ウィリアム・ターナー・シニア) (William “Bill” Turner Sr.)
演:ステラン・スカルスガルド/柴田秀勝
ウィルの父親。通称「靴ひもの(ブーツストラップ)ビル(Bootstrap Bill)」。顔や体にヒトデやフジツボ、サンゴ礁のような魚介類がくっついている。
第2作から登場した。昔バルボッサの反乱に唯一反対したため、バルボッサによって靴紐に砲弾を括り付けられ海へ落とされた。だが、その時アステカの金貨の呪いが掛かっていたため死ななかった。そのあとにデイヴィ・ジョーンズに拾われて、契約を交わしフライング・ダッチマン号の船員となる。第2作ではジャックの13年間の契約が切れた事を伝えに行くため、ジョーンズの使者としてジャックのもとに送り出される。
マッカス(Maccus)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

マッカス(Maccus)
演:ダーモット・カーネイ→ステファン・スタントン/広瀬正志
フライング・ダッチマン号の乗組員の一人。顔は殆どシュモクザメと化し、背中からは背骨の様に足の生えた海老の腹が突き出ている。武器は主に斧。
ハドラス(Hadras)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

ハドラス(Hadras)
演:ホークワン・トセ/チョー
頭が巻貝になっており、顔が180度回転すると大きなヤドカリが出てくる。普通の人間より首が弱いらしく、ジャックが投げたヤシの実で頭が捥げた。頭と胴体は意識を共有していないらしい(頭を置き去りに身体だけ船に帰るなど)。第3作で、落ちてきたチェストにより頭が胴体にめり込んで、そのまま渦に落ち死亡。武器は主にナックルダスター。
パリフィコ(Palifico)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

パリフィコ(Palifico)
演:ウィンストン・エリーズ
身体がサンゴで眼球が無く、代わりに線虫が生えている乗組員。口らしき部分が見当たらないが、デイヴィ・ジョーンズがジャックに倒された際、「船と沈んで逝く船長…(The captain goes down with his ship.)」と言葉を発している。二刀流。
アン女王の復讐号
黒ひげ (Blackbeard)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

黒ひげ (Blackbeard)
演:イアン・マクシェーン/勝部演之
第4作で登場する海賊。「アン女王の復讐号」(Queen Anne’s Revenge)の船長。本名はエドワード・ティーチ。
一般の船乗りだけでなく海賊からも恐れられる史上最恐の海賊。アトランティスで鍛えられたと伝えられる「トリトンの剣」と呼ばれるカットラスを持ち、さらにその剣に埋め込まれた宝石の力によって、潮の流れ・風の流れも自由に操る事ができる。その為、彼は自他関係なく船を操り、風が無くとも自由に動かせる。さらにブードゥー教の秘儀らしき術の心得があり、呪いの人形を作ったり殺した部下をゾンビとして復活させ永久に仕えさせている。
アンジェリカ (Angelica)

【映画】 パイレーツオブカリビアンの登場人物 一覧

アンジェリカ (Angelica)
演:ペネロペ・クルス/本田貴子
第4作で登場する女海賊。「アン女王の復讐号」の航海士で、黒ひげの娘。かつては修道女で、ジャックとは恋愛関係にあった。
ジャック・スパロウを騙って「アン女王の復讐号」の乗組員を集め、さらに生命の泉の在り処を知るジャック本人も捕え、父である黒ひげを死の予言から救おうとする。
父の死後は全てを失い、ジャックに自決用の弾が入った拳銃を渡され、無人島に置き去りにされた(その拳銃でジャックを撃つが、外してしまった)。その後、無人島に流れ着いたジャックのブードゥー人形を拾い、笑みを見せるシーンがある。

スポンサーリンク