スポンサーリンク

借りぐらしのアリエッティ 声優一覧
7/7放送の金曜ロードショーは「借りぐらしのアリエッティ」です。
借りぐらしのアリエッティは 2010年7月17日 に公開された、宮崎駿 企画脚本 米林宏昌監督の作品です。
借りぐらしのアリエッティの声優が気になるので借りぐらしのアリエッティ 声優一覧を見ていきましょう!

>>借りぐらしのアリエッティ動画 無料視聴方法

借りぐらしのアリエッティ 声優一覧

借りぐらしのアリエッティは映画公開2日間で興収約9億円、約68万人を動員し映画観客動員ランキングで初登場第1位になった大人気映画です。
海外での公開はフランスでは2011年1月12日、台湾では2011年1月14日から公開その他、イギリスや北米で公開されていて
各国すべて大人気になった作品です。

では「借りぐらしのアリエッティ」の声優一覧を見ていきましょう

借りぐらしのアリエッティ 声優一覧

アリエッティ 志田未来
神木隆之介
ホミリー 大竹しのぶ
貞子 竹下景子
スピラー 藤原竜也
ポッド 三浦友和
ハル 樹木希林

借りぐらしのアリエッティ 声優一覧 キャスト

アリエッティ

本作の主人公。貞子達が暮らす屋敷の床下で様々な生活品を借りながら、両親と密かに暮らしている小人の少女。14歳。基本的には明朗快活で人間や家猫、虫に対して物怖じしない性格。冒頭、母親の誕生日のためにローリエとシソの葉、花を採りに出たところを翔に目撃されてしまう。

翔(しょう)

スポンサーリンク

12歳。両親は離婚して父親とは別居している。また、外交官の母親・奈津美も仕事柄海外赴任することが多く、家族との交流は薄い。生まれつき心臓が弱く、過度に運動出来ない体である。母から屋敷の小人のことを聞いたことがある。屋敷へ手術直前の療養のため1週間のみ訪れた初日、家猫のニーヤに絡まれ掛けていたアリエッティを目撃する。手術に対して悲観的になっており、別れを告げに来た彼女に対し(多少自棄気味になりつつ)小人は滅び行く運命だと発言した後、「死ぬのは僕の方だ」とも発言している。しかし基本は穏やかで心優しい少年の様で、小人を見たことは秘密にし、彼女が落とした角砂糖を届けに行ったり、病身を押してアリエッティの母親救出に協力している。小人の掟を知らなかったとはいえ、ドールハウスのキッチンの件は亡き曽祖父の願いを叶え、かつ、アリエッティ達のためになると信じての行動だった。最後にはアリエッティから生きる勇気を得て2日後の手術を「頑張る」と彼女と約束し終幕する(冒頭の台詞からその後も存命している事は濃厚)。彼女からいつもつけていた髪留めを託される。少なくとも劇中で小人を見た(とされる)人間は翔の曽祖父、ハル、翔の3人(翔の母や大叔母は話に聞く程度)。

ホミリー

アリエッティの母親。52歳。借り物を工夫して家庭を切り盛りしている。衣服などサイズの合う既製品が無い場合洋裁等で作成している模様。長年の工夫を重ねた結果である現在の住処での生活を気に入っている。虫は苦手の様子。本物の海を見るのが夢で、ガラス窓を模した物の背景の海の絵は3年間も取り替えていない。

ポッド

アリエッティの父親。61歳。危険な「借り」に出て一家を支える大黒柱。この先自分に何かあったときのためにアリエッティに初めての「借り」を教える。手先は器用な様で劇中借物を用いて半田付け補修・藁カゴ編み等の工作や華麗なロッククライム術を披露した。

>>借りぐらしのアリエッティ動画 無料視聴方法

スポンサーリンク