富士急ハイランド のドドンパは2016年10月から営業を休止していましたが、
「ド・ドドンパ」として2017年7月15日(土)にリニューアルオープンし戻ってきます。
富士急ハイランド ドドンパが「ド・ドドンパ」に♪

スポンサーリンク

富士急ハイランド ドドンパ

「ドドンパ」は2001(平成13)年12月に登場し2016年10月2日に営業休止していました。
「ドドンパ」は一般のコースターのように高い所まで巻き上げられてコースターの落ちる慣性により走行するのではなく、水平な場所から加速装置により発射される直線加速方式のコースターです。




スタートからわずか1.8秒で最高速度172km/hに到達するというその加速力は、現在でも世界一で、圧倒的な加速とスピードから「ワールド・ブッチギリ・コースター」と呼ばれていたとか!?



しかし、「『もっと速さを極めたい』という想いから」、コースを変更することになったといいます。


 これまでは、発射してすぐに最高速度に達したのち、途中にある高さ52mの「垂直タワー」を上昇し、そこからさらに落下するというコースでした。ところが、さらなる高速化に際し「垂直タワー」では発射時の爆発的な加速力を受け止めきれないことから、直径39.7mという「世界最大級のループ」で受け止める形に変更。



その結果、最高時速が172kmから180kmにまで引き上げられた。


スタートから「1.56秒で180km/h」に達すると言う。さすがにこのスピードでは横を向けないほど…
頭がライドに張り付いて横を向く事はできないようです。

1.56秒で180km/hに達する富士急ハイランド「ド・ドドンパ」の加速力3.75Gを体験

スポンサーリンク

富士急ハイランド 「ド・ドドンパ」

「ド・ドドンパ」の発射方式は今までと同じ圧縮空気でコースターを一気に押し出す「エアーランチ方式」


 一気に加速した後に遠心力で身体が真横に傾いた形で大きくターンする大カーブし、
待ち受ける直径39.7mのループは、「天地逆さまの状態で、地上約49mの地点にあるループの頂上を通る瞬間速度は時速30kmまで下がり、『このまま止まってしまうのか!?』とドキドキしながら、ループを堪能いただけます」とのこと。




発射地点とループの前にはトンネルもあり、暗闇から猛スピードで光のなかに飛び出す「『視覚の明暗』による異次元感覚」も体験できるそうです。

「ド・ドドンパ」の建築費は約15億円という、高さ52m「垂直タワー」では爆発的な加速力を受け止めきれなくなる為、直径39.7mのループに変更されることになった。

スポンサーリンク

富士急ハイランド 「ド・ドドンパ」全容


ループ直径 39.7m(世界最大 ※アメリカのギネス記録取得ループ直径38.75m超え自社調べ)
ループ高さ 地上約49m
最高速度 スタート1.56秒で180km/h(予定)※旧ドドンパ最高速度172km/h
全長 1,244m(旧ドドンパ1,189m)
乗車定員 8名
利用制限 身長130cm~
年齢制限 ~64歳

富士急ハイランド 「ド・ドドンパ」チケット

チケットの種類

絶叫優先券

絶叫優先券とは、富士急ハイランドの人気アトラクションを、ほぼ待ち時間なしで、楽しめる優先チケット(有料)
事前にWEBで購入すれば混雑日でもスイスイ乗れる、絶叫ファン必須のチケットです。

スマート絶叫優先券

お得なセット券やアトラクションごとの絶叫優先券を事前にWEBで購入すれば、
スマートにハイランドを楽しめるぞ!

フリーパス

フリーパスは、前売り券がお得です!

チケットは公式サイトで⇒https://www.fujiq.jp/ticket/

 富士急行は「未知のスピード体験を味わえます。勇気のある方はぜひお越しください」と話します。

富士急ハイランド 「ド・ドドンパ」みんなの声

のーりたい!!
でも肺が割れそう。

加速世界一! 富士急ハイランド「ド・ドドンパ」、世界最大級ループは安全のため?

スポンサーリンク