ベーシックインカム 日本 導入は?

ベーシックインカムは約500年前、英国の哲学者、トマス・モアが提唱した貧困根絶策です。
ベーシックインカム 日本 導入はあるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーシックインカム 日本 導入


必要最低限の生活を保障する収入を人々に支給する「ベーシックインカム」の導入を呼びかける、オランダの歴史家でジャーナリストのルトガー・ブレグマン氏(29)が16日、横浜市港北区の慶応大学ビジネス・スクールで講演した。ブレグマン氏はカナダやフィンランドでのベーシックインカムの社会実験について紹介し、「貧困は国家のコストを増大させている。AI(人工知能)の出現で仕事のあり方が激変する今、日本でも小規模の実験を行うべきだ」と語った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーシックインカム 日本 導入

破綻している年金制度や生活保護に替わる、新時代の社会保障制度がベーシック インカムなのです。 日本でベーシックインカムが導入されたら、支給額は幾らくらいに なるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーシックインカム 日本 導入

「ベーシックインカム」と呼ばれる制度ですが 「公平な 所得の分配」などと言われる一方で「バラマキの極み」などとも揶揄されるこの制度本当はいったいどんな内容なのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーシックインカム 日本 導入

フィンランドがベーシックインカムを導入し、540万の全国民に月額800 ユーロ(約10万円)を支給するというニュースが流れました。日本でも導入すべきという 意見が出ていますが、実際に導入することはできるのでしょうか。

日本国内では2016年、岩手県遠野市にて条件付きながらベーシックインカムが導入されています。これは、遠野市と市内の株式会社が設立した「Next Commons Lab」という研究所の第1弾プロジェクトによるもの。遠野市に住民票を移し、地元のリソースを活用して起業することを条件とし、月額14万円のベーシックインカムが3年給付されます。

完全導入にはまだ課題が多い現状です。しかし、地域活性化など目的が明確な上で条件付きのベーシックインカムにおいては、導入が広がるかもしれません。

スポンサーリンク