スポンサーリンク

黒いエサを与えたニワトリの卵は、黄身も黒くなるのでしょうか?
そんな疑問持ったことありませんか?では
黒いエサを与えたニワトリの卵は、黄身も黒くなるのか?調べていきましょう

黒いエサを与えたニワトリの卵は、黄身も黒くなる?

結論から言うと、黒いエサを与えたニワトリの卵は、黄身も黒くなるようです。

ニワトリの卵はあたえたエサに影響があり黒いエサを与えると卵も黒くなるそうです。

黒いエサを与えたニワトリの卵は、黄身も黒くなる?

エサで卵の栄養は大丈夫?

卵黄の黄色い色は、カロチノイド(黄色トウモロコシ、パプリカなどに含まれているキサントフィル)からできています。鶏はこのカロチノイドを合成できないので、飼料から摂取します。
 卵成分のうち、エサの影響で変化するものは、ヨウ素(ヨード)など無機質の一部と各種のビタミン含量、脂肪酸組成の中の不飽和脂肪酸の構成比です。一方、タンパク質、脂肪、コレステロール、水分などの基本成分は変化しません。
 卵の風味も飼料によって微妙に変化します。飼料の中に含まれる魚粉や魚油からはトリメチルアミンが発生し、その臭気が卵に移ります。また綿実油やカポック油は、環状脂肪酸(ゆで卵の卵黄を硬化させ、貯蔵卵の卵白をピンク色にする)を含むため与えてはいけません。

スポンサーリンク

黒いエサを与えたニワトリの卵は、黄身も黒くなる?

たまごの色は人工的に変えている?

黄身の色。最近はオレンジや赤が主流になっていますが、実は青色でも黒色でも産ませることができます。黄身の色には鶏が食べたものの色素が出るからです。餌に青いものを混ぜれば青い黄身になるのです。

本来鶏の健康に不要な添加物や薬などを与えられた鶏が産んだたまごを食べれば、当然、たまごと一緒にそれらも体の中に入ることになります。

運動できずにひ弱に育ち、体が弱いから薬を与える。黄身の色は濃い方が美味しそうに見えて売れるからと着色料を与える。安くて視覚的に満足できるたまごを食べてしまっている現実が、せっかくのスーパー食材をアレルギーの代表格にしてしまっている背景につながっているのです。

黒いエサを与えたニワトリの卵は、黄身も黒くなる?

ニワトリの卵の黄身は人工的に色を変えていたんですね!なんか知らずに食べていた方が美味しく食べれた気がします。
しかし、これからも栄養たっぷりのニワトリの卵の黄身を毎日食べていきたいです。

スポンサーリンク