スポンサーリンク

「酢豚にパイナップル」を考案したのは日本人?
「酢豚」って中国料理かな?酢豚にパイナップル入ってますよね?このパイナッポーってもともと初めから入ってたの?
それとも「酢豚にパイナップル」を考案したのは日本人?なのって疑問を解消した~い

「酢豚にパイナップル」を考案したのは日本人?

酢豚(すぶた)とは、

下味をつけた角切りの豚肉を用い、衣をつけて油で揚げ、甘酢あんをからませた中華料理である。広東料理店が多い欧米でも人気が高い料理である。長崎では酢排骨(スーパイコ)とも呼ばれる(九州他県の一部の中華料理店でもスーパイコと表記されていることもある)。 日本の中華料理店では「酢豚」は一般的なメニューとなっている事が多く、一般家庭で作る事もあり、レトルトパックや調味料パックの他に弁当屋のメニューとなっている事も多い。 … 調理法は、豚肉の唐揚げと素揚げした野菜を、片栗粉をスープで溶いたものに酢・砂糖・醤油を入れて加熱して作った甘酢あんの中に入れて絡める。野菜は、筍・玉ねぎ・ピーマン・ニンジンが中心で、シイタケ・じゃがいも・きくらげなどを入れることもある。中国では他のメニューで野菜を摂り、肉に野菜を混ぜると水っぽくなるので肉だけで酢豚が出される。

「酢豚にパイナップル」を考案したのは日本人?

甘味や酸味をもたらす具としてパイナップルや山査子、リンゴ、サクランボなどの果実も加えられることがある。パイナップルは清の時代に、まだ高級な食材だったことを踏まえ欧米人の居留地にあるレストランなどで使用され始めたものである。果実の含む分解酵素により豚肉を軟らかくする目的でも使用されるが、加熱段階ではなく生の状態から合わせねば効果は期待できない。

ということで「酢豚にパイナップル」を考案したのは日本人ではありません!

「酢豚にパイナップル」を考案したのは日本人?

現在では、古老肉は具に野菜や果物を含めた彩りよくフルーティーな味(ケチャップを使用する場合が多い)のもの、糖醋肉は、豚肉のみ、もしくは他の具は少なめで酢と砂糖と醤油を使う比較的シンプルなものを指す場合が多い。そのため、咕老肉は脂身の多い肉を使うのに対し、糖醋肉は赤身の肉を使う場合が多い[。
糖醋肉は昔からの伝統的な肉料理であるのに対し、古老肉はその名前の由来になった作り方からは完全にかけ離れてしまっているが、そのぶん欧米の影響も受けて現代風にアレンジされ発展したものという考え方もできる

スポンサーリンク

「酢豚にパイナップル」を考案したのは日本人?

「酢豚にパイナップル」と言えばパイナッポ~
アポーペン?

はじめしゃちょーも

ペンパイナッポーアッポーペン【Pen Pineapple Apple Pen】

ああん

パイナッポ~
ペンパイナッポーアッポーペン【Pen Pineapple Apple Pen】

スポンサーリンク