スポンサーリンク

本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?
みんなが知ってる白雪姫は王子様にキスをされて目を覚ましますよね
本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?なんて子供のいたずらみたいな話なの?

本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?のかちょっと調べて見よ~~~~~っと!

本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?

結論から先にいっちゃうと~白雪姫はくすぐられて目を覚ま………


















しません

『グリム童話』 では、同じ場面が興ざめするほど味気ないんです。白雪姫は王子の城に運ばれる途中、かついでいた家来が木の根っこにけつまずいて棺が大きく揺れたため、喉から毒リンゴが飛び出して生き返る・・・・・・と書かれているのだ。

本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?

先程のは『グリム童話集』の第2版が出版される際に 手心が加えられた改訂版。


初版のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?

いいえ白雪姫はくすぐられて目を覚ましません。

スポンサーリンク

実際はこう
「・・・・・・いつも棺をかついで歩かされている 召使たちはとても腹を立てていました。あるとき、1人が棺を開けて白雪姫を高く持ち上げ、『死んだ娘1人のおかげで、俺たちは一日中ひどい目にあっている』というと、白雪姫の背中をどんと殴りました」
 するとリンゴが飛び出して、白雪姫は生き返るのだ。

美しいファンタジー物語で女の子が憧れる『白雪姫』は、じつはなんとも乱暴なお話だったのである。

本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?

グリム童話 白雪姫の原作は?

元々はドイツのヘッセン州バート・ヴィルドゥンゲンの民話とされている。
グリム兄弟の『グリム童話』(Kinder und Hausmärchen)に、KHM53番、エーレンベルク稿(1810年手稿)では43番として収載されている。
話者は、「マリー」ことマリー・ハッセンプフルーク(ドイツ語版)である。
タイトル及び主人公の呼称の日本語訳名は「白雪姫」が一般的である。しかし、Schneewittchenが“雪のように白い子”の意であることから、厳密に正確な日本語訳とするなら「雪白姫(ゆきじろひめ)」が正しいとされている。

本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ます?

本当は怖いグリム童話:白雪姫

本当のグリム童話では、白雪姫はくすぐられて目を覚ましていませんでした。

本当のグリム童話では、白雪姫は乱暴な扱いをされていてなんだか胸が苦しくなっちゃった~~~TT

スポンサーリンク