スポンサーリンク

兄弟漫才コンビ中川家…子ども時代に度胸試しがエスカレートし自転車で大事故&火遊びで実家を燃やした過去を反省
今回は兄弟漫才コンビ“中川家”による熱血授業を開講します!次々飛び出す驚愕エピソードに教室が震撼!そして授業の最後には先生たちによる熱いメッセージで教室は感動の嵐!

しくじり先生中川家の剛はパニック障害


過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”が生徒たちにしくじった経験を教える反面教師バラエティ番組「しくじり先生」!
先生
兄弟漫才コンビの中川家の2人が“中川家を燃やしちゃった先生”として登場!

「中川家」の兄、中川剛さんは、 過去に「パニック障害」で悩んだ時期がありました。
剛の体調が悪くなったのは1997年の「中川家」デビューして4年目のころ当時剛は28歳。

人ごみに入ると呼吸を忘れてしまう程の重症だった。その当時の電車移動では、礼二が1駅ごとに剛を下車させ、呼吸をさせていた。

初めはパニック障害だと分からず、通常の仕事をこなすことが困難になり色々な病院を回り不調の原因を探していた。

最終的に「パニック障害」と診断されたが、病気になった原因は今でも分からないと言う。

今ではパニック障害を克服し、普通の生活に戻れているが、ネット上で噂されているようなことに対しての真偽のほどは分かっていない。

スポンサーリンク

しくじり先生中川家の剛はパニック障害だった。中川家炎上事件


子ども時代、小さないたずらが原因で命の危険に直面するような“大しくじり”をやらかした中川家。
火遊びが原因で、家族が暮らしていたアパートのひと部屋を燃やしてしまった“中川家炎上事件”!

中川家が、当時住んでいたのは、中川家の両親が働いていた運送会社が用意してくれた社宅で借りていたアパートを燃やしてしまったんです。

社宅は、六畳と四畳半の二部屋で、お風呂は付いてなかったそうです。

これが俗に言う“中川家炎上事件”!

子どもはなぜ大惨事を引き起こしてしまうのか…。その時、親はどのような対策を取るべきなのか…。全国の親子に向けて、子どもが大事故を起こさないための授業を展開します!

中川家ってめっちゃおもろいやんwwwwwwwwwwww
↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク